TOP » ラクトフェリン » ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス活性作用
ラクトフェリン

ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス活性作用

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、抗菌や抗ウィルス活性作用があります。特に出産したばかりの母親の母乳の中に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを様々な感染症から守る働きがあります。
ラクトフェリンは、口から摂取されると胃の中でアミノ酸やペプチドに分解されます。胃の消化酵素であるペプチドで分解されると、ノロウイルスや病原性大腸菌、胃炎の原因菌であるピロリ菌、歯周病菌などに対して非常に高い抗菌、抗ウィルス性を持ちます。
また、ラクトフェリンは免疫調整作用があり、がん細胞やウィルス感染を防ぐナチュラルキラー細胞の活性化を促します。大腸では、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善したりもします。他にも鉄分の吸収力を高めて貧血を予防したりもします。