ラクトフェリン

ラクトフェリンと代謝

ダイエットで大事なことは、食事制限と運動ですよね!? 筋肉トレーニングで筋量あげて、有酸素運動を行い、基礎代謝をあげていくこと!そしてちゃんと食事にも気を付けて食べる順番に気を使ったり、脂質や糖質、炭水化物を控えて深夜に食べないとかね。ここら辺の管理をしっかりやった上でダイエット効果のあるとされるライオンのラクトフェリンを飲むと良いかと思います。これだけ飲んで痩せたら誰も苦労しないよね。あくまでもサブ的な健康バランスの維持サプリとして、ダイエットのお供にするといいかと思います。それはラクトフェリンサプリに限ったことではなく、ビタミンサプリや鉄分などダイエットで食事を制限するだけに体調を崩しがちですから積極的にサプリメントを飲むといいと思います。私はラクトフェリンでダイエットに成功しました!なんて言う人を信用しないほうがいいと思いますね。個人差は絶対にあるし、そういった広告があること自体うさんくささが半端ないですよね。 そして健康維持と言えば「DHA・EPA」がとても良いそうです!ラクトフェリンはダイエット効果なども含むとありますが、このDHA・EPAは完全に健康に関することをしっかりサポートしてくれる成分なのです(もしかしたら、体調が良くなって痩せるってこともあると思いますが…)!!健康に関することでお悩みならこちらもおすすめですね!


Continue Reading

ラクトフェリン

ラクトフェリンって医薬品?

よくスーパー、薬局、コンビニなどで見かける「薬用」って意味わかります? 石けん、歯磨き粉、ハンドソープ、入浴剤、リップクリームあたりに書いてありますかね!? なんか薬用って言われると効き目があるような気がしますよね?しかし、この薬用って落とし穴があって、いわゆる「医薬部外品」っての別な呼び方なんだそうです。 「薬用」=「医薬部外品」ってわけです。仮に薬用って書いている商品に医薬部外品って書いたら売上は確実に減ると思います。医薬部外品の定義はそもそも、その病に対して効果は期待できないが、予防することはできるといった意味ですから効果がある、効き目があるってうたってはいけないのです。でも、医薬部外品ってなんともネガティブな名称ですから誰かが、薬用ってネーミングしたそうなんです。あくまでも予防する働きがあるのが薬用です。病が治りませんのでご注意ください。ラクトフェリンは医薬品でも薬用でもなく健康食品です

ラクトフェリン

ラクトフェリンって健康食品かよ

ラクトフェリンのサプリメントは健康食品です。 健康食品ってのは、結構アバウトで、トクホとか認可されているもの以外でも健康食品って言えちゃうのが実情みたいですね。 健康サプリメントは現代人には欠かせない商品になりつつあり、その選択肢は、ほんとに沢山ありますので、選択の自由はありますが、自分に足りない成分がなんなのか把握するには意外と分からないっての言うのが現状かと思います。私に足りないのは、ビタミンなのか酵素なのか、ラクトフェリンなのかDHAなのかセサミンなのかさっぱりわからないほどさまざまな健康食品が溢れ返っており、どの広告をみても自分に該当するような気がして厄介ですよね。現代人はその選択センスもおそらく問われ若さと健康を保つための知識が必要です。

Continue Reading
ラクトフェリン

ラクトフェリンは免疫を活性化します

ラクトフェリンは乳やチーズ等に含まれるたんぱく質の一種です。 最近では初乳に含まれる物質としても知られています。生まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんからラクトフェリンをもらうことで、まだ未熟な免疫系が補われ、細菌やウイルスから守られます。 また、あまり知られていませんが、私たちの唾液や好中球(白血球の一種)にも含まれています。 例えば炎症が起きたり、細菌に感染すると、好中球からラクトフェリンが放出され血液中を流れます。これがNK細胞やマクロファージといった様々な免疫細胞を活性化することで、身体を炎症や細菌から守ってくれます。 加齢と共に段々減少しますが、多くのメーカーからサプリメントも発売されており、注目される機能性たんぱく質です。

Continue Reading

Recent News

ラクトフェリン

今、注目度が高まっているラクトフェリンとは

ラクトフェリンは、生乳や母乳に含まれる天然由来成分です。 乳酸菌ではなく、たんぱく質の一種です。細菌の活動を抑える静菌作用があります。 最近では、ノロウィルスやロタウィルスの予防、発症した場合の症状の緩和にも効果があると、注目度が高まっています。腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やす性質もあるので、これらとラクトフェリンを一緒に摂ると腸内環境の改善が期待できます。便秘の方は試してみると良いかもしれません。ラクトフェリン製品には、高い安全性が認められています。ヨーグルトや粉ミルク、サプリメントなどがあり、ネットやドラッグストアなどで市販されています。毎日続けるなら、コストパフォーマンスも良く、手軽に摂れるサプリメントタイプをおすすめします。

Continue Reading

ラクトフェリン

様々な効果が期待できるラクトフェリン

ラクトフェリンは糖タンパク質の一種で、母乳や哺乳動物の乳に含まれていて鉄と結合する事によって、様々な効果が期待できます。 特に初乳に多く含まれていて、生まれたばかりの乳児を感染症から守と考えられています。母乳以外では、涙や唾液などの外分泌液にも含まれています。ラクトフェリンの生理機能は世界各国で研究されていて、大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌を抑え、善玉菌を助ける働きがある事が確認されています。その他にも、生体防御作用として発がん予防、NK細胞の活性化、病原性大腸菌の感性予防、歯周病菌の抑制などが報告されています。健康を維持し増進する作用としては、貧血の改善、大腸炎の改善などが報告されています。

Continue Reading

ラクトフェリン

ラクトフェリンは乳製品からもなかなか摂取出来ない

最近人気のラクトフェリンですが他のサプリと比較しても魅力的な点も多く、その成分を使ったサプリメントの売り上げはうなぎのぼりに上がっています。なんと言っても普段の食事では摂取する事が難しい上に、腸に対しての効果は絶大な物が有り腸の健康を考えている人やダイエットを考えている人にはとても効果的な成分です。 しかしラクトフェリンは加工した乳製品からは摂取する事は不可能で、搾りたての生乳にも含まれている量が少ないので日常生活では酪農を営んでいる人以外はまず食事での摂取は不可能とも言えます。そのラクトフェリンを凝縮したサプリメントの多くは成分が腸まで届くように加工している商品が多いので、確実に効果を発揮するので最近の人気は分かる気もします。

Continue Reading

ラクトフェリン

ラクトフェリンの抗菌・抗ウイルス活性作用

ラクトフェリンは母乳に含まれている成分で、抗菌や抗ウィルス活性作用があります。特に出産したばかりの母親の母乳の中に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを様々な感染症から守る働きがあります。 ラクトフェリンは、口から摂取されると胃の中でアミノ酸やペプチドに分解されます。胃の消化酵素であるペプチドで分解されると、ノロウイルスや病原性大腸菌、胃炎の原因菌であるピロリ菌、歯周病菌などに対して非常に高い抗菌、抗ウィルス性を持ちます。 また、ラクトフェリンは免疫調整作用があり、がん細胞やウィルス感染を防ぐナチュラルキラー細胞の活性化を促します。大腸では、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善したりもします。他にも鉄分の吸収力を高めて貧血を予防したりもします。

Continue Reading